大会概要

Contest summary

Features

特色

Image

その1

専門家によるメンタリング

慶應のネットワークを最大限に活かし集めたメンターおよび審査員が、あなたのビジネスプランを短期間で劇的にブラッシュアップします。

Image

その2

専門医療者へのヒアリング

慶應医学部主催だからこそできる、医療現場でのヒアリングの機会を提供します。

Image

その3

企業によるサポート

健康医療領域のベンチャー起業支援に意欲的な協賛企業とのマッチングを実施。ビジネスコンテスト終了後も連携できるパートナー探しをサポートします。

timeline

大会までの流れ

Image

①HPから申し込み

HPで参加条件、募集プラン、スケジュールを確認して参加申し込み。
申し込み後、ビジネスプラン提出用データが送られます。

Image

②ビジネスプラン提出書の作成

雛形に沿ってビジネスプランを記載し、9/30までに提出。

Image

③1次選考/2次選考

ビジネスプランに基づく1次選考、面接による2次選考で学生部門・社会人部門のファイナリストが決定。

Image

④メンタリングに参加

チームごとに最適なエキスパートからの指導を受け、ビジネスプランをブラッシュアップ。

Image

⑤決勝大会

健康医療分野に興味を持つ数百人の観覧者と審査員の前でプレゼンテーション。優勝者には賞金・副賞が与えられます。

Information

詳細

募集プラン

  • 創薬・遺伝子・医療介護連携・ビッグデータ・人工知能・スマートフォンアプリ・ウェアラブルデバイス など、病院での医療に限局せず、医療・健康に貢献するプランを広く募集する。
  • ハイテク・ローテク・特許性も問わない。(例:病院食の改善・海外旅行時の医療トラブルサポートなど)







参加条件

  • 法人・チーム・個人は不問。複数名で応募する場合は必ずチームリーダーを指名すること。
  • チームリーダーは事業のあらゆる側面を把握し、2次選考、決勝大会に参加できること。
  • 提出プランを既に法人で事業化している場合は、法人化5年以内であること。
  • 社会人経験を有するメンバーがチームにいる場合、学生部門での応募は不可。社会人経験のない大学院生は社会人部門/学生部門のどちらでも応募可能。

日程

  • 7/19        キックオフセミナー
  • 9/30        ビジネスプラン〆切
  • 10/7        1次選考結果発表
  • 10/11      メンタリングday1
  • 10/21      2次選考
  • 10/25      2次選考結果発表
  • 11月中旬     専門医療者リアリング
  • 11/18     メンタリングday2
  • 12/2        決勝大会

  • 2次審査以降は関東外からの参加者に対して、チームにつき最大1万円までの交通費を支給します。

賞金と企業賞

社会人部門優勝チーム100万円
学生部門優勝チーム30万円
オーディエンス賞

Microsoft賞
三井不動産賞
LINK-J会員権1年分+入会金免除

Image

Judge

審査員

岡野栄之

慶應義塾大学医学研究科委員長

山中直明 氏

慶應義塾先端科学技術研究センター所長

村井純 氏

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長

河野宏和 氏

慶應義塾大学大学院経営管理研究科員長
ビジネス・スクール校長

西川和見 氏

経済産業省 ヘルスケア産業課長

山岸広太郎 氏

株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ
代表取締役社長

石見陽 氏

メドピア株式会社代表取締役社長 CEO (医師・医学博士)

お問い合わせの際は以下の連絡先にご連絡ください。

Mail address

連絡先