K-MACHとは

慶應義塾大学医学部では、健康医療ベンチャー大賞というビジネスプランコンテストを毎年開催しています。
そのスピンオフ企画として、ハッカソン形式のアプリコンテスト「K-MACH」を毎年開催しています。
K-MACHでは、多様なバックグラウンドを持つ学生メンバーをマッチングし構成したチームが、その年のテーマに沿ったアプリケーションを構築します。
それぞれのチームは、4日間でアプリケーションの構築を目指し、最終的にはコンテスト形式で他チームと競います。
優勝したチームには、1人あたり1万円を授与します。

1/5
 

開催背景

近年、様々な業界のデジタル改革が進む中、医療分野でのデジタル技術を活用した取り組みが急速に拡大しています。中でも、モバイルアプリやウェアラブル端末を活用したヘルスケアアプリは、従来の医療機器というハードウェアに新たな付加価値をもたらすサービスとして注目を集めています。

しかし、このようなサービスの国内における認知度・利用意向は比較的低く、ノウハウの共有が求められています。

慶應義塾大学では医学部および殿町キャンパスを中心として情報技術やデータサイエンスを基にした新しいヘルスケアの創出を目指し、健康医療ベンチャー大賞では医学部発のヘルスケアベンチャーの創出を推進しています。

本イベントでは慶應義塾大学でのノウハウを集約し、大学発の医療機器アプリ創出の基盤を担うことを目指します。

 

募集要項

テーマ:「感染症対策のためのアプリケーション構築」
参加資格:感染症対策分野のビジネス・アプリ構築に興味がある35歳以下の学生
参加費:無料

注意点
・参加者が規定数を超過した場合は選考を行います
・チームは、各人の専攻などを鑑みマッチングを行います。

 
 

日程と会場

募集開始 2021/7/8
募集締切 2021/8/10
Day1 2021/8/25
Day2 2021/9/1
Day3 2021/9/8
Day4 2021/9/15

会場 オンラインツールzoomを使用し、フルリモートで行います。

 

当日の流れ

Day1~3
 18:30 集合
 18:30−18:40 イントロダクション
 18:40-19:10 特別講演
 19:10-20:30 グループワーク
 20:30 解散

Day4
 18:30 集合
 18:30−18:40 イントロダクション
 18:40-20:10 プレゼンテーション、審査、結果発表
 20:10–21:30 懇親会

 

​講演者/審査員

Coming Soon.

出場特典

優勝チームには1人あたり1万円を授与します。
K-MACHに参加したチームが健康医療ベンチャー大賞にも参加する際、書類審査が免除となります。