AEnB2UqHmDudgiDvTCT-0KQV2OCkSuZoCToMVB9hil0nuHfbGEfXLpJ5_e7V4HwCtTkxTe-xZcfymgZz_v-CcDAGrd

過去出場者のご活躍

健康医療ベンチャー大賞に出場し、現在も多方面でご活躍されているチームをご紹介いたします。

グレースイメージングlogo.png

Grace imaging Inc.

2019年度 社会人部門 優勝&オーディエンス賞


汗中の乳酸濃度を独自のデバイスで測定することで,筋疲労・筋負荷量を可視化するサービスを提供。「疲れを"視る"時代」をけん引することを目指す。

craif(Icaria).jpg

Craif Inc. (旧:Icaria株式会社)

2018年度 社会人部門 優勝&オーディエンス賞


エクソソーム回収技術を活かし,尿を利用したがんの早期発見を目指す。精確で痛みのないがんの早期発見方法を確立し、誰もが生涯にわたって健康でいられる社会の実現を目指す。

atopiyo.png

アトピヨ

2018年度 社会人部門 Plamed賞 受賞


文字だけでなく「画像」を投稿することで、アトピー特有の皮膚症状を匿名で記録・共有できるアプリ「アトピヨ」を開発。アトピーを発症し悩んでいる方々の早期回復のサポートになることを目指す。

OUI.png

OUI Inc.

2017 年度 社会人部門優勝

 

場所を選ばずに眼科的診察を行うことを可能とする小型眼科診療デバイス「Smart Eye Camera(SEC)」を開発。

ltaste.png

LTaste

2016年度 社会人部門優勝

 

上あごに貼り付けるだけの新たな減塩サポート食品「SALT CHIP」を開発。塩を使っていない料理でもほど良く味付けされた形で食事を楽しむことができる。

epigno_edited.png

Epigno Systems Corporation

2016年度 社会人部門ファイナリスト


医療機関向けマネジメントシステムを提供。未だにアナログな管理手法が多い看護師管理を、AIなどのテクノロジーを駆使し支援する。